ティルトレンズ、シフトレンズ、あおりレンズ購入ガイド

ティルトレンズ、シフトレンズ、あおりレンズとは

ティルトレンズ(英語: Tilt Lens)、シフトレンズ(英語: Shift Lens)とは、レンズを斜めに傾けたり(ティルトしたり)、レンズを横にずらす(シフトしたりする)ことができるレンズ言う。レンズを斜めにしたり、シフトしたりすることにより、ピント面やパースペクティブをコントロールすることができる。ティルトとシフト機構を総称してあおりと言い、ティルト・シフト機構をあおり機構と呼び、そのレンズをあおりレンズ、撮影方法をあおり撮影とも呼ぶ。

ティルトレンズを使うことにより、例えば腕時計の時計盤をマクロ撮影する際に盤面全体にピントを合わせたり、テーブルの上のお皿に乗った料理全体にピントを合わせることができたり、または、高い位置から風景を撮影する際に、遠方と近距離部分をぼかしてミニチュア風の写真を撮影することができる。

また、シフトレンズを使うことにより、見上げるビルを撮影する際に、通常はビルの上部が狭く写ってしまうものを、ビルの縦のラインを垂直に撮影することができる。

ティルトレンズのみ、シフトレンズのみのレンズも存在するが、通常はティルトとシフトを組み合わせて利用することがあるので両方使えるレンズの方が使い勝手が良い。ティルト機能とシフト機能の両方が使えるレンズをティルト・シフトレンズと呼ぶ。

国内のカメラメーカー、レンズメーカーでは、キヤノンとニコンがティルト・シフトレンズを発売しているが、マウントアダプターを用いてその他のメーカーのカメラでも利用することができる。海外ではシュナイダー社がティルト・シフトレンズを発売しているのが有名である。

また、中古レンズでは、数十年前に製造された中判、大判レンズを、マウントアダプターやベローズを使って現代のカメラで利用することも可能である。

メーカー別、現行 ティルト・シフトレンズ

キヤノン ティルト・シフトレンズ Canon TS-Eレンズ

キヤノン現行ティルト・シフトレンズ一覧:

  • TS-E17mm F4L
  • TS-E24mm F3.5L II
  • TS-E45mm F2.8
  • TS-E90mm F2.8

ニコン ティルト・シフトレンズ Nikon PC-Eレンズ

シュナイダー ティルト・シフトレンズ Scheneider PC-TSレンズ

シュナイダー社のティルト・シフトレンズにはPC-TSという型番が付けられている。PC-TSとは、Perspective(パースペクティブ) Control(コントロール) Tilt(ティルト) Shift(シフト)レンズという意味である。パースペクティブ、つまり遠近感をコントロールできるティルト・シフトレンズである、という意味である。

2014年4月21日にシュナイダーレンズの国内価格改定が行われ大幅値上げされた。

関連記事: シュナイダー PC-TS スーパーアンギュロン 50mm f2.8
関連リンク: シュナイダー社公式サイトシュナイダー PC-TSレンズリスト(公式)

ライカ ティルト・シフトレンズ Leica TSレンズ

ライカからは、Sマウント用のティルトシフトレンズ「Leica TS・アポ・エルマーS f5.6/120mm ASPH (11079)」が発売されているがこのレンズは、シュナイダー社のレンズのOEM版である。

HARTBLEI ティルト・シフトレンズ

ライカ Mでティルト・シフト・あおりレンズ

ライカMマウントでは純正あおりレンズは存在しないが、シュナイダー、ニコン、キヤノンなどの他社製ティルト・シフトレンズにマウントアダプターを用いることにより、ライカMマウントカメラであおりレンズを使うことができる。

中古 ティルト・シフトレンズ

ティルト・シフト マウントアダプター

ティルト・シフト機構が付いていないレンズをティルト・シフトレンズに変えてしまう魔法のマウントアダプター。フランジバックの長いレンズをフランジバックの短いレンズで利用する際に使うことができる。有名な所では、ペンタコン6レンズで利用できるティルトアダプター、またはティルト・シフトアダプターが存在する。ペンタコン6は今から40年以上昔に製造販売されたカメラ、レンズであるが、優秀な描写力が魅力であり、またレンズも2~3万円からと低価格で流通している。ペンタコン6は、後に、シュナイダー社に買収されている。

スポンサード リンク

ライカ SL在庫情報
ライカSL 購入ガイド (11/30更新)
ライカQ 購入ガイド (6/20更新)
ライカM-P 購入ガイド
ライカT 購入ガイド
ライカ M240在庫情報

スポンサード リンク


MENU

Leica M240購入ガイド TOPに戻る
ライカQ 購入ガイドに戻る
ライカM-P 購入ガイドに戻る
ライカT 購入ガイドに戻る

新着記事

ライカM-P 購入ガイド (new)
ライカT 購入ガイド
ライカM240には購入する価値があると考える10の理由 (new)
M240 ダイナミックレンジの広さ
M240 純正カメラケース レビュー
ライカ M type240在庫・納期・入荷 (update)
ライカ 電子ビューファインダー EVF2
ライカ M 魅力と欠点
Leica M240でニコンレンズを使う

新着レビュー

ライカT レビュー (new)
APO MACRO ELMARIT-R 100mm f2.8
シュナイダー PC-TS スーパーアンギュロン 50mm f2.8
ジッツオ GITZO GK2550EXQR レビュー
ジッツオ GITZO GT5562GTS レビュー
東洋リビング 防湿庫 レビュー

新着用語

ライカ 作例 (new)
サジタルコマフレアとは
周辺減光(ライカレンズ作例あり)
レンズ沼とは
NOCTILUX (ノクティルックス)とは
SUMMILUX (ズミルックス)とは
ASPHとは
画角とは (焦点距離と画角一覧表あり)

ライカ T

ライカT 購入ガイド (new)
ライカ T typ 701 外観図 (new)
ライカ T typ 701 価格 (new)
ライカ T typ 701 予約 (new)
ライカ T typ 701 スペック、仕様
ライカ T 701 レンズ
ライカ T 701 アクセサリー
ライカ T 701 アプリ
ライカ T発表日以前の流出写真まとめ

ライカ 100周年

ライカ M typ240 後継機、新型 ライカM、ライカM 100周年記念モデル 発表か
ライカ 100周年

関連外部リンク

ライカ カメラ 公式サイト
ライカ 現行レンズリスト (公式サイト)